引越し エアコン

エアコン移設の専門業者を安く手配

エアコンの写真

引越しをする事になったとき、エアコンを取り外し、取り付けをしてくれる移設業者を探したいけど、いったいどこに頼んだらよいでしょうか。

 

引越しではなく、同じ家の別の部屋に移動したい場合もありますね。

 

あるいは、ネットで新品エアコンを購入したんだけど、新品の取り付け自分で出来ないし・・。

 

そんなときにどうやってエアコン移設の専門業者を選んだらよいかというと、ポイントがあります。

 

まず何と言っても、エアコンの取り外し・取り付けといった移設の基本工事の相場を知る事です。新品のエアコンの取り付けは大体15,000円くらいが相場。中古のエアコンの取り付けの料金はおおよそ7,000円〜10,000円くらいです。

 

エアコン取り付け工事をしている写真

また追加工事料金の相場についても知っておく必要があります。例えば、設置場所やエアコンの状況によっては、基本にプラスした追加工事が必要な場合もあります。

 

パイプ交換や室外機の点釣り作業など、これが結構費用がかかることがあるので、ちゃんとチェック、確認しておきましょう。エアコンの取り付け場所などによっても費用が変わってくるので、事前に見積もりは必須となります。

 

そこで、おすすめなのがエアコンサポートセンターの無料見積もり。とにかく料金の安さにかけては右に出るものがなく、取り付けが1,250円〜、取り外しは7,000円〜ですので、最安値でいければ両方の工事合わせても8,250円で移設が可能です!

 

安いだけでなく1年保証もついていますし、最短で翌日工事も可能ですので、サービスについても悪くありません。エアコンクリーニングなどの相談ももちろん可能です。

 

 

エアコンサポートセンターはこちら。

 

 

また、もしまだ、引越し業者が決まっていないという方がいれば、そちらにおすすめなのが、引越しの一括見積もり。このサービスは、複数の業者にまとめて引越しの見積もりを申し込めるというもの。各社の料金を比較して、最も条件の良い業者にお願いすればいいので、とっても便利です。

 

しかも、各社は価格競争しなければなりませんので、料金が相場より大幅に安くなる可能性がとっても高いんです。参加している業者はサカイ引越センター、クロネコヤマト、アリさん、アート引越センターなどの大手から、地域密着の激安中小業者まで。

 

利用は完全無料。もし、利用したい業者が見つからなくても、お金は一切かかりませんので、相場を知るだけでも利用する価値があります。

 

引越しの一括見積もりはこちら。

 

 

まとめてエアコン移設もお願いできてしまうので、まずはこちらの一括見積もりを利用して各社のエアコンオプションの料金を確認し、それが高い場合は、上記のサポートセンターにも見積もりを取るというのもおすすめの方法です。

エアコンの取り外し方。自分で取り外し、取り付けする

エアコンの取り外し、取り付けはやろうと思えば自分でもやってできないことはない・・・ようですが、やはりプロにお願いしたほうが確実です。

 

 

引越しをする時に、あるいは新しく購入した時に、エアコンの取り外し・取り付けを、自分でやってみたいという人もいるようですね。まずエアコンを取り外すときは「冷媒(れいばい)」を室外機に回収するという作業が必要です。「ポンプダウン」というのですが、これは室外機からパイプ、室内機を循環している冷媒を室外機にすべて戻して、栓をしてしまうということです。これをきちんとすることで、配管を外しても冷媒が漏れませんし、再度取り付けた際にガス(冷媒)を補充する必要がありません。

 

モンキーレンチと六角レンチがあれば作業は可能です。まずエアコンを冷房運転にし、室外機のコンプレッサーが回っていることを確認して、パイプ(高圧側)のバルブねじを締め切り、数分待ちます。その後、低圧側のねじを締めます。

 

……と書いていると簡単そうなのですが、実は結構技術が必要です。ガスが抜けて失敗し、コンプレッサーを壊してしまう、ということも。高圧側のパイプと低圧側のパイプを締めたり接続したりする際に、やはり専用の工具がないと、どうしても接合がうまくいかないということもあります。また取り付けに関しては、新しい管をつないで、真空ポンプでひいて……などと、家庭用の道具では難しい面も多々アリ。椅子などに乗って高いところの作業をするのも危険です。。というわけで、エアコンの取り外し、取り付けは素人には難しい作業です。プロの業者に依頼したほうが確実です。

 

 

エアコン移設の専門業者を安く手配に戻る

定期的にエアコンクリーニング。引越しの時もおすすめ

エアコンのある部屋

エアコンクリーニング、定期的にやったほうがよいです。梅雨時、蒸し暑くても窓がなかなか開けれない。そしてエアコンをかける。じめじめ蒸し蒸し、カビがどんどん発生・・・。そしてエアコンをかけると何ともいえないニオイが。汚れのたまったエアコンは恐ろしいことになっています。それに動かすのによけいなエネルギーが必要です。つまり電気代がよけいにかかってしまいます。エアコンは家庭の電化製品の中でも一番電力を多く使うもの。エアコンクリーニングをきちんとして、電気効率をあげれば、節電、省エネにつながります。引越しなどで新しい家に越してきた時も、チャンスかもしれません。

 

さて、エアコンクリーニング、どのようにやったらよいのでしょうか? フィルターは毎日のお掃除で比較的簡単に掃除可能ですよね。でも、エアコンは内部も結構汚れているのですよ。内部にカビやホコリが結構たまっています。これは花粉症やアトピーなどのアレルギーの原因にもなると言われています。ですので、エアコンを分解して、中の隅々まできれいにした方が絶対によいです。

 

家庭ではなかなかできない内部までのエアコンクリーニングはプロの業者に頼むと良いでしょう。中のアルミフィンやフィルターをすみずみまで洗浄。キレイにしたあとは防カビ、防臭などの処理もしてくれるところもあるので、その後も長くきれいなエアコンを使う事が可能です。業者によっては、環境にやさしい洗剤を使ってくれるところもあるので、たとえば赤ちゃんやペットのいるご家庭などで安心ですね。

 

エアコン移設の専門業者を安く手配に戻る